低体温にならないように│普段の生活で改善するように

婦人

体温が低いままだと

足元

体温が低い状態のことを低体温といい、平均的にみて36度未満の状態のことをいいます。ただ体温が低いだけだから問題ないと考えている人が多いですが、低体温のままでいると様々な症状が出てしまうのです。冷え性や頭痛だけでなく、肩こりや疲れやすいという症状が出て更には生活習慣病まで発症する危険があります。このような症状を避けるためには、低体温を改善して体温を高めることが重要です。改善する方法はいくつかあって、そのほとんどが自宅で簡単に行なえるので試してみてください。改善方法の1つは、シャワーだけでなくできるだけ毎日お風呂に浸かるようにしましょう。お湯に浸かることで血流を良くすることができて、体温を上げることができるのです。お湯の温度は40度前後がベストですから無理に熱いお湯に浸かる必要はありません。お風呂に浸かる時は10以上浸かるようにすれば、体温を上昇できるはずです。低体温を改善する次の方法は、バランスの良い食生活を送って身体を温めることができる食材を選びましょう。ベータカロチンやアリシンが多く含まれている食材には体温を高める働きがあるため、人参やにんにくなどの野菜を摂取するようにしてください。他には淡水魚やひじき、そばやごまなどの食材も体温を上げることができます。また、朝食を抜くと体温が上がらない以外に血液の流れも悪くなりますから、ちゃんと食べることが大切です。他にも様々な改善方法がありますので、ネットで調べてみて低体温を解消するように頑張ってみましょう。

反発するメリット

睡眠

高反発マットレスは反発力が高いため、何度使用しても身体が沈むことがないので背中が歪む心配はありません。背中が歪むことによって、腰痛や肩こりなどの症状が出てしまうのです。

この記事を読む

足の裏から健康に

足

足裏シートという健康グッズは、夜寝る前に足の裏にシートを貼って眠るだけでいいのです。朝起きた時にシートの効果で大量の汗をかくことができて、それによって足に溜まった老廃物を排出できます。

この記事を読む

毎日の取り組みが大事

肩こり

肩こりを解消させる方法はいくつかあって、そのほとんどが簡単に行なうことができるものです。半身浴をして血液の流れを良くしたり、寝る前に軽くストレッチを行なったりすることで改善できるでしょう。

この記事を読む